スタッフ紹介#19 スーパ―ナースみうちゃん

スタッフ紹介第19弾!!

 

こんにちは!

今日は福ちゃんの家の唯一の看護師、三浦さんのインタビューです!

 

福ちゃんの家で一番小柄?!

その小さい体から溢れ出る元気と明るさ。

看護師一人で大変な面もたくさんあると思いますが、

周りと上手く連携を取りながら効率よく仕事をしています。

 

 

もともと介護福祉士だった三浦さん、

働いていくうちに看護師を志すようになり、看護学校で勉強して看護師になったそうです。

「やりたいことはやる」という当たり前のように思えることですが、

これがなかなかできなかったりするので三浦さんのやり通す姿勢が素晴らしいと思います。

 

 

私は個人的にムーミンが好きなのですが、

三浦さんは少しリトルミイに似た雰囲気があると思っています…!

 

 

〇三浦さん

保有資格:看護師/介護福祉士

平成28年6月入社

 

 

 

Q.前職はどのような仕事をしていましたか?

―前職はグループの堀田 修クリニックの外来看護師をしていました。

その前は他の病院で病棟にいたり、老人保健施設で働いていました。

 

 

Q.なぜ転職を考え、福ちゃんの家に就職しようと思ったのですか?

―これは自分の希望ではないんですけれども、上からの辞令といいますか。

一年間外来で患者さんを診れたのもあったので転職もありかなと思って、福ちゃんの家に来ました。

 

 

Q.福ちゃんの家の良い点・悪い点は?

―〈良い点〉看護師一人なので自分で動きやすいように動けているかなと思うので、すごくいいですよ!

 〈悪い点〉特に今はないかな。

 

自分で動けるときや動けないときもあって、他のスタッフとお互いがカバーできてるのではないかなと思います。

みんな色んな環境で育ってきているわけだから、私だけの思いだけでは良くないし、そこは目を瞑りながら。

でも、違うなっていうところはちゃんと言って仕事しているので特に悪いところはないかな。

 

本当はもう一人看護師欲しいです(笑)とっても欲しいんですけど、

来る気配がないので私一人で、みんなに協力していただいて仕事しています。

「一人でもやれなくもない」って思いながら(笑)

 

 

Q.働くうえで大切にしていることは何ですか?

―利用者さんの耳に傾けることですね。100%とまではいかないけれど、

100%に近いような対応をする気持ちでやっています。

やっぱり利用者さんは人生の大先輩であり、これから自分たちが向かっていく年齢だから、

そのときに自分だったら何してほしいかなって自分の希望通り生きられなかったら、

それこそ不満に思うだろうし、そういうところを考えています。

 

 

Q.介護・福祉業界に進み、看護師にもなった理由はなんですか?

―私はもともと介護福祉士で、そこから看護師に転職しています。

介護福祉士は3年間介護を現場で学んでから資格を取って、それから10年くらいやってました。

働くうちに看護の方が興味あるなと思って、思い切って看護学校に入りました。

私は人間が好きなんだと思います。たぶん一般企業で働くのはちょっと難しいかな(笑)

 

 

Q.一番幸せな時間はいつですか?

―仕事に慣れないと趣味にも活かせないんだけど、

今は仕事にもだいぶ慣れてきているから趣味にも時間を使えていることが一番かな!

趣味はお琴を弾くことです。十何年やってて、お休みの日はお琴ですね、大体は!

来年もう一つ上の資格を取って、上を目指そうかなって思っています。

 

 

Q.これからやりたいことは何ですか?

―やりたいことというか、今は日々楽しく。

仕事で大変なときやつまづいたときでもまず前向きに考えることかな。

 あとは日本のまだ行ったことないところや海外にも行きたいですね!

 

 

 

↑の絵は、両手でハートの形をつくったもので

偉人(オードリーヘップバーン)の言葉で「自分たちには二つの手があるんだから、人に手を差し伸べよう」という言葉を体現したものだそうです!

 


スタッフ紹介#18  こじまじゃないよ

スタッフ紹介第18弾!!

 

今日は管理栄養士の小島さんです!おじまさんです(´▽`)

 

シャキシャキ、ハキハキ動いています。

 

彼女の時間(自己)管理やリスト化の習慣は、本当にほんとうに見習うべきところであります。

デスク周りは常にきれいに保たれていて…ピンク多めの女性です♡

 

物事を前向きに捉えて行動しているところも素敵です!

 

小島さんは、アンダンチ保育園の管理栄養士として働きます!

アンダンチができるまでは、福ちゃんの家で厨房に立ったり、アンダンチ保育園の諸々の準備をしています♪

 

それでは、インタビューをどうぞ!◎

 

 

 

小島さん

保有資格:管理栄養士

平成30年3月入社

 

Q.前職ではどのような仕事をしていましたか?

―様々な施設の給食業務を受託している会社で、実際に現場に入ったり現場のマネジメントをする仕事をしていました。

 

 

Q.未来企画に就職しようと決め手はなんですか?

―前職を出産を機に退職してから子育てに専念していました。ずっと働きたいとは思っていたけどなかなかタイミングがなくて。

それで、子どもの保育園が決まったのを機にもう一回働こうと思いました。

 未来企画には紹介されたのがきっかけです。前職でも食事を提供していたんですけど、そこは内容とか質よりも安さを求めているようなところで。

それに対して福ちゃんの家は内容や質を追求していたので、これはやりがいを感じるだろうなと思って就職を決めました!

 

 

Q.福ちゃんの家の良い点・悪い点は?

―残業しないで帰れるところと人間関係がいいところ。

前職は休みがないくらい残業もあったし、職場のパートさんたちの人間関係がギスギスしててストレスもあったんですけど、ここはそういうことがないですね!

待遇面でも恵まれているし、人も優しいし話しやすい方たちなので働きやすいです!

 

 

Q.働くうえで大切にしていることはありますか?

―忙しくなればなるほど、一つ一つ丁寧にやることです。

やることがたくさんあって忙しくなると、焦りながら取り組んじゃって全部中途半端になることが多いじゃないですか。

でも焦ったところで上手くいくとは限らないし、そういう時こそ一息置いて、やることをリスト化して一つずつ確実にやるようにしています!

若いときはがむしゃらにやってきたけど、経験を重ねると余裕も出てきて、焦ってやるよりこっちの方が効率的だなって気づいたんです。

 

 あとは、人と話すときに言葉を選ぶことです。自分の言い方ひとつで相手の捉え方が変わるんですよね!

特に年上の方々と働くことが多くて、私の方が年下だけど立場的には私の方が上って状況がよくありました。

相手のことを尊重しながらも、伝えなきゃいけない指示や守ってもらわないといけないルールとかを言い方・伝え方を考えてから言うようにしています。

 

 

Q.管理栄養士になろうと思った理由は何ですか?

―そもそも栄養士になろうと思った理由は、中学のとき新体操部でその時にものすごく厳しい食事制限があって。

初めは自分なりに独学で食事管理をしてて、すぐ体重が落ちたんです。

でも体重が減り続けることはなくて、身体も慣れてきてしまうので自分だけだと限界があるなと思って、学校の栄養士さんに相談しました。

食事の面でのアドバイスと精神的な面のアドバイスももらって救われました!

 

 食事って日々の生活に欠かせないものだし、悩んでいる人にアドバイスできたらいいなって思ったのがきっかけです。

そこから将来そこを目指すようになった時に、栄養士より管理栄養士の方が仕事の幅も広がって選択肢も広がることがわかって、

管理栄養士を目指すようになりました。

 

 

Q.献立を作るときに心がけていることは何ですか?

―いろんな食材をまんべんなく出せるように、なるべく食材が被らないようにして、

調理方法も毎食毎食違う方法で作るようにしています!

 

献立作りはジグソーパズルだと思ってて、私は(笑)

これとこれを合わせたらここが合わないとか、その逆もあって。

味のバランスも見るけど、組み合わせが重要ですね。

味や見た目、彩りを一目で見て美味しそうって思えるように気を遣っています。

利用者さんの中には食事で時間とか、季節も感じ取る方もいらっしゃるので!

 

現場側では無理な組み合わせをすると、ミスにつながるので現場も安全に完成できるような献立を作るようにしています。

献立を作る人、献立の料理を作る人、利用者さんに食べさせる人いろんな人の手を介して提供されるので、

そこのバトンが上手く回るような献立にしたいです。

 

 

Q.一番楽しい時間は?

―旅行に行くときです!家も含めて日常から出られて、非日常的な空間に行くことが楽しいです。

 あとは子どもたちと公園で遊んだり、キャンプに行くときです!

 

 

Q.これからやりたいことは何ですか?

―子どもたちを無事成人させて、そのあとに友達と旅に出ることです!

バリに行きたいですねえ。バリは海がきれいで、エステとかスパとかも安いんです(*^^*)

暑いけど、海風があって過ごしやすいんですって。

 成人した娘たちと一緒に時の流れがゆっくりな時間を過ごすのも良いなと思います♪

 

 


スタッフ紹介#17  できる!

スタッフ紹介第17弾!!

 

スタッフ紹介もついに17弾まできました〜〜!

2月から始めたインタビューもそろそろ終わりが見えてきました…。(遠い目)

 

 

さて、今日はいつもお世話になっている佐藤さんのインタビューです!!

LDF居宅介護のケアマネージャーをしており、居宅介護ではお一人で責任を持って仕事に臨んでいます。

 

実は佐藤さん、つい最近おなかの中に赤ちゃんがいることを公言\(´▽`)ノ

おめでとうございます♡

元気に生まれてきますように。

 

フルタイムで働いてママ業も頑張っている佐藤さんを尊敬します…!

お子さんのお弁当に手をかけてたり誕生日にポケモンのケーキを作っていたり…(';')

素敵すぎます(涙)

 

それでは、インタビューをどうぞ◎

 

 

〇佐藤さん

社会福祉士/介護支援専門員

平成29年5月入社

 

Q.前職はどのような仕事をしていましたか?

―有料老人ホームで介護職員をしていました。その前はグループホームでケアマネ、デイサービスで相談員兼介護職員をしていました。

かれこれ介護は12年くらいやっていますね。

 

 

Q.なぜ転職しようと思い、福ちゃんの家に就職したのですか?

―もともと前職は派遣で働いてて、二人目の子どもができる前から福ちゃんの家の前の管理者からお誘いを受けてたんです(笑)

それで、二人目出産後に派遣じゃなくて正規で働いて地に足つけようと思って福ちゃんの家に転職しました。

 最初は小規模に入るつもりだったんですけど、新しく居宅介護事業をやるとのことで、まさか自分が居宅やるとは思わなかったです(笑)

グループホームでしかケアマネやったことなかったので戸惑いました!いまだに試行錯誤しています。

 

 

Q.福ちゃんの家の良い点・悪い点は?

―<良い点>子どもを連れてきてもいいところ。小学校とか保育園の都合に合わせて働けるからいいですね!

 <悪い点>居宅を一人でやってるから、相談できる人がいないことやミーティングがすぐなくなったりすること。 

 あと悪い点じゃないけど、LDF居宅介護の存在が薄いのは寂しいです(苦笑)

 

 

Q.大切にしていることは?

―働くうえでは、利用者さんやそのご家族がお互いに納得できるようなプランを立ててサービスを利用できるようにすること。

 生活するうえでは、子どもたちを元気に楽しく過ごせるようにすること!子どもは親のことを敏感に感じ取っちゃうので。

 

 

Q.介護・福祉業界に進んだ理由は?

―漠然としてたから、これっていう理由はないかも…(笑)

人と接することが好きだから、パソコンに向かって仕事するよりは、人と関わって仕事したいなと思ってました。

それに大学生の時に体験学習で行ったデイサービスが楽しかったからですね!

 

 

Q.一番幸せな時間はいつですか?

―今は赤ちゃんがお腹の中で動いてるときです!胎動を感じたときは「今日も元気だな」って幸せを感じます。

あと保育所に迎えに行ったときに、走ってこっちに向かってきてくれることですね(*^_^*)

1日の疲れが吹き飛びます。(笑)

 

 

Q.これからやりたいことは何ですか?

―女の子を産みたい!(^^) あとはディズニーランドに行きたいです♡

 

 


スタッフ紹介#16  斎藤さんだよ

スタッフ紹介第16弾!!

 

 

訪問介護LDFを担当している斎藤さんです!

明るく真面目な方。

サバサバしておりますが、トゲがなくまあるい!

 

パッチリ二重で目がクリクリしていて、笑顔がキュートです♡

 

今日は訪問で車を運転してたら暑くなっちゃって、

半そでになっていました。(笑)

意外にボーイッシュな側面が見られた斎藤さん。

 

それではインタビューをどうぞ◎

 

 


 

 

〇斎藤さん

実務者研修修了

平成30年1月入社

 

Q.前職はどのような仕事をしていましたか?

―老健(介護老人保健施設)で働いていました。介護職の前は事務職とかサービス業をパートでやっていました。

介護を始めてまだ1年半くらいです!

 

 

Q.なぜ転職を考え、福ちゃんの家に就職しようと思ったのですか?

―前の施設にいたときは、施設でユニット内だけの介護でした。

働いていくうちに施設内だけじゃなくて、在宅介護や地域に開けたところでも働いてみたいなと思って。

 そして、軍司さんにお誘いいただき、お話を聞いて福ちゃんの家に転職を決めました。

 

 

Q.介護・福祉業界に進んだ理由は?

―ハローワークに行ったときに、たまたま介護の講習を見つけて興味を持ったのがきっかけです。

介護を覚えれば、仕事以外に私生活でも親とかに何かあったときに役に立つと思って!

 

 

Q.福ちゃんの家の良い点・悪い点はなんですか?

―<良い点>自由なところ。利用者さんのやりたいこと(ニーズ)を聞いて、それを実行できる柔軟さがあって良いと思います。

 <悪い点>自由で良い反面、一日にメリハリがないところですかね。

特別な活動は起こしやすいけれど日常の活動内容は特になくて、のんびりしすぎて物足りなさがあるかもしれません。

 

 

Q.大切にしていることはなんですか?

―ストレスを溜めないこと。今はあんまり溜まることはないけど、ストレス発散は友達と飲みに行って話すことです(笑)

 

 

Q.これからやりたいことは何ですか?

―仕事でいうと、介護福祉士の資格を取るために実務経験3年続けられるように、

あと1年半続けられるように頑張りたいです!

私は割と介護の仕事が好きみたいで。最初はあんまりやりたくないなとは思ってたんですけど(笑)

やったらハマって。毎日変化があって、楽しい場面も多くてやめたいと思ったことがないですね!

 仕事以外だと、温泉旅行に行きたいですね!!家で犬を飼っているからなかなか行けないんです(;_;)

 

 


スタッフ紹介#15  「人のためになりたい」の一心で

スタッフ紹介第15弾!!

 

 

物腰柔らかで落ち着いているMさん!

丁寧な話し口調で、淡々と仕事をしています◎

 

口数は多い方ではありませんが、優しさは滲み出ています。

 

 

合間にはよくラムネを食べております(°u°)

 

 

ラムネは、ぶどう糖を補充することができるので体に良い作用を与えてくれるみたいです?!

 

 

 

 

それでは、Mさんのインタビューをどうぞ!

 

 

 

 

 

●Mさん

 

介護福祉士/訪問居宅介護LDF 所属

 

 

平年294月入社

 

 

 

 

Q.前職はどのような仕事をしていましたか?

 

―特別養護老人ホームで働いていました。

 

 

 

 

 

Q.なぜ転職しようと思い、福ちゃんの家に就職したのですか?

 

10年くらい働いていたので施設の中のケアだけでなく、

 

 

外に出て地域で働いてみたいなと思って転職しようと思いました。

 

 

 

 

 

Q.福ちゃんの家の良い点・悪い点はどこですか?

 

<良い点>自由なところ。

 

 

 <悪い点>良くも悪くも自由なので個人の裁量に任されるところ。時にプレッシャーになることがあります。

 

 

あと、手続き関係がルーズなので直してほしいです…。

 

 

 

 

 

Q.働くうえで大切にしていることは何ですか?

 

―利用者さんと関わるときは、極力フラットにコミュニケーションを取れるように接しています。

 

 

どうしてもイライラしたり焦ったりすることもありますが、

 

 

利用者さん・スタッフに対しても声掛けや言葉遣いなど気を付けるよう心がけています。

 

 

 

 

 

Q.介護・福祉業界に進んだ理由は?

 

―人のためになるような仕事をしようと思って、

 

 

思いついたのが介護福祉の仕事でした。

 

 

長年福祉関係の仕事をしていた両親に相談したときに勧められたのもあります。

 

 

 

 

 

Q.一番幸せな時間はいつですか?

 

―好きなもの食べに行くとか、好きなことをする時間です。

 

 

家族がいるので家族との時間も大切にしつつ、自分の時間も大切にしています。

 

 

 

 

 

Q.これからやりたいことや夢はありますか?

 

―介護の仕事をやっているとすごく困っている人に出会う機会が多いです。

 

 

その人たちの困り事を解決するにはどうすればいいかってことをいつも考えています。

 

 

今の介護保険制度では制度上の縛りがあって、助けたくても助けられないもどかしさやジレンマを感じることが正直あります。

 

 

具体的な解決方法は何一つ思い浮かんでないんですけど、そういうことを無くして多くの人を助けたいなと。

 

 

介護・福祉業界に進んだ理由の最初のきっかけ(人のためになること)を今も変わらず持ち続けているし、

 

 

これからもその気持ちを忘れず持ち続けていきたいです。

 

 

 

 

 


| 1/5PAGES | >>